1/26の株ニュースを一気に読めるようまとめました。
  • 武田、米社からロシアでの一般用薬品の販売権取得

     武田薬品工業 <4502> は26日、米医薬品ユニファーム(ニューヨーク市)が保有するロシアでの一般用医薬品と食品サプリメントの販売権を取得したと発表した。ユニファームの製品を加えて品ぞろえを増やし、事業強化を図る。 

  • ドワンゴ、山中元文科次官が取締役に

     インターネット動画サイト「ニコニコ動画」などを運営するドワンゴ(東京)は26日までに、元文部科学事務次官の山中伸一氏(63)が取締役に就任する人事を発表した。2月1日付。教育行政に精通した山中氏を起用し、学習用アプリの開発など教育事業を強化したい考え。 

  • 〔決算〕信越化、18年3月期は過去最高益予想

     信越化学工業 <4063> =2018年3月期の連結業績予想を引き上げ、売上高、営業利益、経常利益、純利益いずれも過去最高を見込む。各部門で業績が順調に推移。特に米国の子会社シンテックが塩ビ・化成品事業、半導体シリコン事業の業績を大きく伸ばしている。同時に年間配当を20円上げて140円とした。 

  • 〔決算〕阿波銀行、連結純利益6.5%減

     阿波銀行 <8388> =連結経常利益は前年同期比8.8%減の151億3000万円、連結純利益は6.5%減の93億2600万円、実質業務純益は118億3300万円(前年同期132億0300万円)。与信関係費用は4億6600万円の戻し入れ(同5億3200万円の戻し入れ)。12月末の連結自己資本比率は集計中。 

  • 石油資源、カナダ・シェールで減損680億円

     石油資源開発 <1662> は26日、カナダ西部ブリティッシュコロンビア州でのシェールガス開発・生産事業の見直しに伴い、2017年4~12月期連結決算で約680億円の減損損失を計上する見込みだと発表した。同社の事業としては過去最大の減損額となる。 

  • 〔決算〕ファナック、通期連結業績予想を上方修正

     ファナック <6954> =2018年3月期連結業績予想で、売上高を従来の6930億円から、営業利益を2091億円から、純利益を1649億円からそれぞれ上方修正した。ファクトリーオートメーション(FA)部門、ロボット部門など事業全般が好調なため。 

  • 楽天、西友とネットスーパー

     楽天 <4755> は26日、米小売り最大手ウォルマート・ストアーズと提携したと発表した。ウォルマート傘下の西友と共同でネットスーパーを早ければ7月に始める。西友の物流網を生かしながら、多くの会員を持つ楽天のビッグデータなどを活用、顧客の好みにあった商品を提案していく。 

  • 〔決算〕関西アーバン銀、連結純利益15.3%減

     関西アーバン銀行 <8545> =連結経常利益は前年同期比8.1%減の143億4000万円、連結純利益は15.3%減の114億9400万円、実質業務純利益は143億7000万円(前年同期154億7700万円)。与信関係費用は6億5000万円の戻し入れ(同2億1200万円の戻し入れ)。2017年12月末の連結自己資本比率は6.30%。 

  • ソニー、NYに「ソニーホール」開設

     ソニー <6758> は26日、米ニューヨーク・マンハッタンに音楽施設「ソニーホール」を今春に開設すると発表した。米ブルーノートメディアグループが所有し運営する施設に、ソニーが名を冠し、音響技術などを提供する。6月に開催されるニューヨーク最大級の音楽イベント「ブルーノートジャズフェスティバル」のスポンサーをソニーが務めることも決まった。 

  • 〔決算〕みちのく銀行、連結純利益33.5%減

     みちのく銀行 <8350> =連結経常利益は前年同期比23.6%減の32億7400万円、連結純利益は33.5%減の19億6700万円、実質業務純益は20億4100万円(前年同期28億6200万円)。与信関係費用は3600万円(同1億5800万円の戻し入れ)。12月末の連結自己資本比率は後日公開予定。 

  • 石油資源開発、カナダ・シェール事業で約680億円の減損損失

     石油資源開発 <1662> は26日、カナダのブリティッシュコロンビア州でのシェールガス開発・生産プロジェクトで、2017年4~12月期決算で、減損損失として約680億円を特別損失に計上する見通しとなったと発表した。 

  • 〔決算〕青森銀行、連結純利益12.6%減

     青森銀行 <8342> =連結経常利益は前年同期比21.3%減の50億2600万円、連結純利益は12.6%減の38億2800万円、実質業務純益は41億3100万円(前年同期39億5200万円)。与信関係費用は3億7600万円の戻し入れ(同16億5500万円の戻し入れ)。12月末の連結自己資本比率は後日公開予定。 

  • ヤマダ電機、40億円申告漏れ

     家電量販店大手ヤマダ電機 <9831> が関東信越国税局の税務調査を受け、2016年3月期までの3年間で約40億円の申告漏れを指摘されたことが26日、分かった。追徴税額は約6億円で既に修正申告し、全額納付したとみられる。 

  • 〔決算〕極東証券、4~12月期減収減益

     極東証券 <8706> =2017年4~12月期の連結決算は、減収減益。株式市場は活況で手数料収入を伸ばしたものの、主力の債券トレードで、民事再生法の適用を申請したタカタの社債保有に伴う4~6月期の損失計上が響いた。 

  • 富士通、ファンドに携帯事業売却へ

     富士通 <6702> が携帯電話事業の売却先を投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(東京)に絞り込んだことが26日、分かった。製造子会社の株式の過半数を数百億円で譲渡する。生産体制やブランドは売却後も維持される見通しだ。月内にも正式契約を結ぶ。 

  • 37円安の2万3631円88銭=26日の平均株価

     26日の東京株式市場の日経平均株価は、2万3631円88銭と前日終値比37円61銭安で終わった。出来高は概算で15億3400万株。 

  • 34円高の2万3703円83銭=26日午前の平均株価

     26日午前の東京株式市場の日経平均株価は、2万3703円83銭と前日終値比34円34銭高で終わった。出来高は概算で7億5300万株。 

引用元:株式ニュース - Yahoo!ニュース