10/9の株ニュースを一気に読めるようまとめました。
  • 神戸鋼のデータ改ざんアルミ、マツダ車も使用

     神戸製鋼所 <5406> がアルミ製品の強度などを改ざんしていた問題で、マツダ <7261> は9日、検査証明書データの書き換えが行われたアルミ製品を自動車で使用していたことを明らかにした。該当する車種や部品の特定など詳しい調査を急いでいる。 

  • アルミ製品でデータ改ざん

     神戸製鋼所神戸製鋼所 <5406> は8日、アルミ・銅製品などの一部について、強度などを示す検査証明書のデータが改ざんされ、顧客企業と交わした製品仕様に合わない不適合品が出荷されていたと発表した。輸送用機器や電子機器の部品、飲料缶などに使われている。出荷先はトヨタ自動車 <7203> など約200社に上り、2016年9月から1年間で計2万トンを超える。 

  • 東亜石油製油所で火災

     9日午前1時45分ごろ、川崎市川崎区水江町の東亜石油 <5008> 京浜製油所から「出火し、自衛消防隊が活動している」と119番があった。市消防などが消火に当たり、約2時間後に鎮火した。けが人はいなかった。 

  • 「黒部」など水力に脚光

     大手電力が、建設から年数がたった水力発電所の設備を更新するなど、発電量の増加に取り組んでいる。温室効果ガス削減が求められる中、二酸化炭素(CO2)を出さず、低コストで安定的に発電できる水力を有効活用する。関西電力 <9503> は富山県の黒部川流域などで、水力の増強を進めている。 

  • 鴻池運輸、インドで医師向けにセミナー

     【ニューデリー時事】鴻池運輸 <9025> は6日、インドの首都ニューデリーで日印の医師を集め、医療情報セミナーを開いた。同社は医療支援の分野でインド市場に進出しており、同社の医療情報提供サービスの一環として実施した。 

引用元:株式ニュース - Yahoo!ニュース